スタイリッシュなウォーターサーバーが人気

ウォーターサーバーがすっかり社会に定着してきました。

近年相次いでいる震災や自然災害によって、改めて家庭においても備蓄水が重要と感じる人が増えた事や、水を運搬する手間が省けるというメリットから、家庭にウォーターサーバーを設置するところが増えています。

そんなウォーターサーバーですが、一般的なデザインのウォーターサーバーであれば、決してオシャレとは言い切れません。

そもそもウォーターサーバーは人の目につくものですが、オシャレ感覚で設置すると言うよりは実用性において重要視されます。

しかしオシャレなデザイン事務所だったり、個人の家庭においてもオシャレにこだわる人であれば、明らかにみためがウォーターサーバーと言うものを避けたい人もいます。

そこで最近注目されているのが、オシャレでスタイリッシュなデザインのウォーターサーバーです。

代表的なものであれば、amadanaのデザインであるウォーターサーバーがオシャレです。

パッと見た目はウォーターサーバーと分からない、シックな感じがします。

そのため、オシャレな会社個人の家庭においてもインテリアの邪魔にならず、多くの人に人気があります。

オシャレなウォーターサーバーを設置したい、と考えている人は検討してみるといいです。

ウォーターサーバーの水は2種類

ウォーターサーバーで使われている水は、天然水とRO水が主流になっています。

天然水は地方の山々から出ている湧き水のことです。

ハイキングや山菜採りなどで山に出かけるとよく天然水に遭遇することがあります。

喉が渇いているときの天然水は最高のひと言です。

口に含むと、なんともいえない幸せが口いっぱいに広がります。

天然水の元をたどれば雨や雪です。

空から降ってきた水ということになります。

天然の名はついていますが、実際販売するときには安全面を考慮して多少の殺菌処理が施してあります。

処理を施した後、ウォーターサーバー専用のボトルに入れ、各家庭や企業などに配達されています。

一方、RO水は人工水です。

水道水などの水をRO膜でろ過して不純物を取り除きます。

取り除いた後の水にカルシウムやナトリウムなどのミネラルを添加してRO水の完成です。

RO水を製造するためにはさまざまな設備が必要です。

天然水は個人でも確保することは可能ですが、RO水は企業でしかつくることはできません。

美味しい水を毎日飲みたいなら天然水です。

天然水にはRO水にはない味わい深さがあります。

安さを重視するならRO水です。

産地から水を運んでくる必要がないため天然水よりも価格が低くなっています。

天然水、RO水どちらも安全な水で、年齢に関係なく誰でも飲むことができます。
参考サイト:天然水とRO水の違いや比較