ウォーターサーバーへ設置するボトル

基本的にはウォーターサーバーのボトルとして利用される、小さめの9リットルのボトルは、重さからすると9キロとなるので、女性が持ち上げるには結構難しい状況となります。

その為、ウォーターサーバーの宅配サービスを利用する時には、業者が提供している小さなボトルのサイズがどのサイズであるのか確認すべきです。

一般的な20リットルのサイズで宅配してきた場合には、女性1人では設置できない状態になってしまいます。

そんな事から、便利なサービスではあるものの実際にサーバーを使い始める前にいくつかの問題をクリアしておく必要があります。

ボトルの付け替えが難しい場合には、水道水からRO水を作り出すタイプのウォーターサーバーを設置することが有効です。

水道水を水源としていますが、貴金属の不純物や錆、ミネラル分の鉄分やカルシウムなど、浄水以外の不純物を全て除去してくれる綺麗な水を得ることができます。

問題となるダイオキシンなども綺麗に除去することが可能となるので、健康被害などを気にする神経質な人や、乳幼児を育てる女性にとってもとても安心できる水となるはずです。

このように、ウォーターサーバーを利用して得する部分と手間になる部分などをよく考えてから選択するべきです。

採水場所で仕上がりに違いが出てくるウォーターサーバーの天然水

1日に1回以上は食べることのあるものにご飯というものがあります。

味付けをすることなく美味しく食べることが出来るものですが、米と水によって作られるためにシンプルでありながら単純に出来ないものでもあるのです。

これをウォーターサーバーの水と炊き込むことで普段食しているものと違いを出すことが出来るようになります。

これは米の産地と同じ水を宅配してもらい、それで炊くといったものもウォーターサーバーでの醍醐味でもあります。

しかし大事に水を使いたい場合には無洗米などを使用することで、水を入れるだけで炊くことができるためにウォーターサーバーの水を少量でいつも作ることができるので、三食ともにウォーターサーバーの天然水で炊くことも出来ます。

この際に天然水の特性などを生かしたりすることで、旨味なども変化してくることもあるために選択を間違えないようにすることが重要となるのです。

ウォーターサーバーの天然水は採水場所によっても硬さなども異なっていくので、出来上がりに変化が出てくることがあるために試して探してみるのも人生の楽しみにすることが出来ます。

ウォーターサーバーで普段飲むために使っているものもご飯を炊くようにすることで、うまく仕上げることが出来るようになります。