温水機能付きウォーターサーバーは、節電に気を配った商品がお勧め。

ウォーターサーバーを選ぶ際、ぜひ欲しい機能といえば、温水供給機能です。

ちょっと一息入れたい時、美味しいお水で簡単にコーヒーやお茶を入れられる幸せは、何物にも代えられません。

また赤ちゃんのミルク用の水として、ウォーターサーバーを設置する場合、沸かさずそのままミルクを溶く事ができる温水機能は、絶対に必要。

あると無いとでは、子育ての大変さが全然違ってきますよ。

とても便利な温水機能ですが、「電気代が掛かるのでは?」と、少し心配になる方もいるかも知れませんね。

そんな方には、節電機能がついたウォーターサーバーがお勧めです。

例えばフレシャスのdewo(デュオ)。

光センサーがお部屋の明るさを判断し、自動的にスリープモードに切り替わります。

これなら寝ている間も、お湯を沸かすという理不尽さから解放されますよね。

また自分から、エコモードに設定する事も可能。

これにより温水の温度を、通常より15度低くする事ができます。

緑茶を入れる場合や、赤ちゃんのミルクを溶くお湯としては、このくらいの温度の方が使いやすいですよね。

デュオは構造自体も、温水・冷水の温度が干渉し合わないよう設計されており、元々消費電力が少ないウォーターサーバー。

節電に厳しいあなたでも、きっと満足いくはずです。

単身赴任でウォーターサーバーを利用する際に気を付けること

単身赴任などによって一人で住むようになった際にウォーターサーバーを使うことがあります。

しかし働いているとなるとウォーターサーバーの利点である届けてもらうというのが難しくなってしまうことがあるのです。

その際にウォーターサーバーのボトルを届けてくれるのは宅配便などではなく、フランチャイズ店舗であることが多く、そういった所の営業時間などによって違ってきます。

そのために休みがそこの営業日時と合うというのが重要となってきます。

この時にウォーターサーバーの配達で考慮するのは曜日によって考えていく方法となります。

休みの曜日に配達をしてもらえるのであればその日に届けてもらうという方法が出来るのです。

しかし営業日と自身の仕事の休みの日が全く合わない時があるのですが、その際には営業時間などを見ておくことが重要となってきます。

帰宅時間など自宅に居る時間などを伝えてそれに合わせて宅配をしてもらうという方法になってきます。

この場合には交渉なども必要になってくるために、時間に融通がきくかというのが分かりませんが、交渉の余地はあります。

ウォーターサーバーはボトルを受け取れるからこそ良いのですが、営業時間などを見て注文をするといつでも飲むことが出来ます。